U8's AppLabo

swift,cocos2d-x,Unityを使ったiOSアプリ作成の備忘録

未分類

【cocos2d-x】 シングルトン

投稿日:2016年10月10日 更新日:

アプリを作成していると、複数のSceneやClassから一つのデータを参照したくなることが
多々あります。そんな時はシングルトンオブジェクトを作っておくととても便利です。

class MainData
{
private:
	MainData();
	static MainData* mMainData;
	
public:
	static MainData* getInstance();
	
	// 値の初期化
	void initialize();
	
	void hoge();

	int data; //共通で使いたいデータ

};

MainData* MainData::mMainData = NULL;

MainData::MainData()
{
	
}

MainData* MainData::getInstance()
{
	if(mMainData == NULL)
	{
		mMainData = new MainData();
		mMainData->initialize();
	}
	
	return mMainData;
}

// 値の初期化
void MainData::initialize()
{

}

void MainData::hoge(){


}

あとは使いたいクラスでincludeして任意の場所でMainData::getInstance()->hoge()、MainData::getInstance()->dataとしてやることでメソッド、変数が利用できます。

フッターアド




フッターアド




-未分類
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

cocos2d-x でマインスイーパーを作ってみた 〜その2

今日は画面上に白いパネル(width:80,height:80)を9×9個並べてみる。 void HelloWorld::onEnter(){ Layer::onEnter(); int _cellL …

no image

文字列がNULLかどうか調べたい cocos2d-x ( C++ )

文字列strが空かどうか調べて処理を実行したい   if ( str == “” ){ hoge() } ではうまくいかない。 以下の様に文字列の文字数を調べることで判定すると上手く行く if( !s …

cocos2d-x でマインスイーパーを作ってみた 〜その3

それでは今回はパネルにタッチすると色が変わる様にします。 今回はパネルをPanelクラスとして用意する。 HelloWorld.hとHelloWorld.cppに以下のコードを追加する。 class …

実機でのテスト時に画像読み込みエラー

シミュレータでは問題なく動作するのに実機でテストすると何故かエラーになる。 コンソールのエラーメッセを見るとどうもスプライトに画像が設定されていないのが 原因。画像ファイルのリンク?が上手く行ってない …

no image

【cocos2d-x】画像ファイルの必要ないSpriteの作成(c++)

アプリの作成をしていると、プレイスホルダーとしてSpriteを使用することがあるかとおもいます。 しかし単なるプレイスホルダーに画像ファイルを用意するのは面倒なので、rectからspriteを作成する …