U8's AppLabo

swift,cocos2d-x,Unityを使ったiOSアプリ作成の備忘録

未分類

【cocos2d-x】Cocostudioとボタン 【C++】

投稿日:2016年10月11日 更新日:

cocostudioでボタンを追加する方法を解説する。

まずcocostudioでボタンを作成し、ボタンに任意の名前(ここではBUTTONに設定)をつける。

ボタンを設定したいSceneのcppファイルの頭にまず以下を追加する。
#include “cocostudio/CocoStudio.h”
#include “ui/CocosGUI.h”
using namespace cocostudio::timeline;

次にinit()に以下のコードを追加する。

    auto rootNode = CSLoader::createNode("MainScene.csb");//ボタンが設定されているcabファイルを読み込む
    addChild(rootNode);

    auto button = dynamic_cast<cocos2d::ui::Button*>(rootNode->getChildByName("BUTTON"));//cocostudioで設定したボタンの名前を設定

    button->addTouchEventListener([this](Ref* pSender, ui::Widget::TouchEventType type){

        if (type == Widget::TouchEventType::BEGAN){ //押した瞬間を検知
           CCLOG("おしたよ");
        }   
        if (type == Widget::TouchEventType::MOVED){ //ドラッグしたのを検知
           CCLOG("うごいたよ");
        }
        if (type == Widget::TouchEventType::ENDED){ //離した瞬間を検知
            CCLOG("はなしたよ");
        }

    });
 

実行して画面上のボタンをタップ&ドラッグしてコンソールウィンドウに”おしたよ”,”うごいたよ”,”はなしたよ”と表示されれば成功です。

ちなみにボタンとフラグを利用すれば以下の様な脱出ゲームを簡単につくれます^^

フッターアド




フッターアド




-未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実機でのテスト時に画像読み込みエラー

シミュレータでは問題なく動作するのに実機でテストすると何故かエラーになる。 コンソールのエラーメッセを見るとどうもスプライトに画像が設定されていないのが 原因。画像ファイルのリンク?が上手く行ってない …

no image

【cocos2d-x】画像ファイルの必要ないSpriteの作成(c++)

アプリの作成をしていると、プレイスホルダーとしてSpriteを使用することがあるかとおもいます。 しかし単なるプレイスホルダーに画像ファイルを用意するのは面倒なので、rectからspriteを作成する …

no image

文字列がNULLかどうか調べたい cocos2d-x ( C++ )

文字列strが空かどうか調べて処理を実行したい   if ( str == “” ){ hoge() } ではうまくいかない。 以下の様に文字列の文字数を調べることで判定すると上手く行く if( !s …

no image

【cocos2d-x】現在の日時の取得方法( C++ )

cocos2d-xで年月日(曜日)と時間を取得するには以下の様に コードを書く。 time_t now = time(NULL); struct tm *today = localtime(& …

cocos2d-x でマインスイーパーを作ってみた 〜その4

地雷のかくされたパネルをタッチすると赤色、それ以外は灰色に変化する様にプログラムを修正する。 まずパネルに地雷が隠されているかどうかを設定するためにPanelクラスのpublicに bool bomb …